アクアソイル工法の株式会社イケガミ

Facebookページ

屋上緑化 雨水分流装置(AQASOIL+RAINWORLD ダイレクト雨水潅水システム)ー東京都市大 新6号館ー

軒下などの雨が当たりにくい場所でも、自動潅水システムなしで植栽を管理できる方法、それが雨水分流装置(AQASOIL+RAINWORLD ダイレクト雨水潅水システム)です。

アクアソイル工法は十分な保水性を備えていますが、軒下で雨が当たらない場合、人工の散水が必要となります。しかしこのシステムを用いることで、軒下でも雨樋の水を振り分け、植栽の管理をすることが可能です。

イニシャルコストだけでなく、ライフサイクルコストの削減が可能。
さらには、雨水が一旦アクアソイルを通過することで、地上への流出までの時間稼ぎ、バッファが可能となるため、近年頻発する局地的豪雨の地上への影響を低く抑える機能も持ちます。


建築設計 シーラカンスK&H
建築施工 東急建設株式会社
平均土厚 500mm
植栽工法 アクアソイル工法
樹種 つる性植物多数

アクアソイル工法とは