アクアソイル工法の株式会社イケガミ

Facebookページ

期末に起きた愉快なエピソードと反省、そして感謝

今日で弊社の今期が終わるので、恒例のデスク整理をしました。

がらくたや、使えなくなったペン、様々なコード類が引き出しに溜まってしまうので、不要なものを処分してスッキリさせます。
同じようなコードを複数購入していたり、どうでもいいようなものが混ぜこぜになっていて、整理しながら「こんなことを繰り返していては、ダメだなあ」と落ち込みます。
が、このまま放っておくともっと酷いことになるので、どんどんと進めます。

二度と同じことは繰り返さないようにしよう、と誓って。

大方片付いてきたころのことです。
引き出しの隅からPost-itのようなブルーの付せんらしきものが出てきました。
ですがそれはPost-itではなく、ガムの包み紙です。
そう、ボトルに入ったガムを買うと中に入っている、あのPost-itみたいなやつです。

DSCF1295

何気なく手に取って表を見ると、一番上の紙に、子どもの落書きがありました。

「あいうえお」「お」と書いてあります。

 
DSCF1297

「何これ?」と次をめくると、今度は「と」の文字が出てきました。

 
DSCF1298

次は「う」。

DSCF1299

数年前に子どもたちがパラパラ漫画を自分で描いた時期があったので、そのことから、これが「パラパラメッセージ」であろうと次をめくると、期待通り現れた文字は「ちゃ」でした。

 
DSCF1300

ふうん、「ち」「ゃ」じゃなくて「ちゃ」なんだ、と紙をめくると次は「ん」

 
DSCF1301

そして愉快な展開はこの次に待っていました。
ここで終わりかな、と思いながら次をめくると、こんどは「ア」の文字が出てきます。

DSCF1302

 おお、続きがある!

私が遅くまで仕事をしていると、たまに尋ねてきて事務所でMacをいじったり、落書きなどしながら遊んでいたことがあったけど、密かにこんなメッセージを書いていたとは、愛い子どもらじゃ!
最近は大人びてきて、憎らしいところもあるけど、この頃はなかなか可愛かったなと、独りごつ私は、当然この後「り」という文字が出てくるのを期待し、紙をめくったのでした。

すると出てきたのは…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
DSCF1303

紙をめくった刹那、爆笑しました。今日は事務所に全員が揃っていたので、全員を集めて、皆にこれを披露したのですが、皆も爆笑してました。
特に親父は「素晴しい!オレと全く同じ考えを持っている。お前いい教育をしたな!」と大喜びでした。全く、おじいちゃんをこんなに喜ばせて、いい孫です。

 そうですよ、確かに私はデスクにがらくたや何やらを溜め込んでいる「アホな社長」ですよ!
でも、このタイミングで子どもにアホ呼ばわりされては、この悪習慣、改善せざるを得ませんね。
冒頭に書いた通り、同じことを繰り返すのは本当にやめましょう。

今日は弊社の期末です。
沢山のみなさんのお陰で、今期を終えることができました。
本当にありがとうございます。
こんなアホな私?ですけど、来期はもう少し皆さんのお役に立てるように頑張ります。
一年間本当にありがとうございました。

追伸:これが仕掛人と思われる子どものうち、ひとり。

SN310005

 

アクアソイル工法とは