アクアソイル工法の株式会社イケガミ

Facebookページ

和光中学校の卒業式に参加してー両角憲治校長の式辞ー

先日次男が中学校を卒業した。

その学校は、和光中学校(以下和光)という私学。

幼稚園から大学までの所謂一貫校だが、学力や偏差値でよく知られる有名校とは異なる、子ども、学生を主人公として独自の教育方針を貫いている。

「学校で子どもが主人公なのは、当たり前じゃないの?」そう思われる人もいるだろう。

そう、勿論学校で子どもや学生が主人公なのはあたりまえのことだ。

でも、私たち夫婦は和光で子どもがお世話になるまで、そのことの本当の意味を知らなかった、と言っていいと思う。

 この春大学二年生になる長男、そしてこの学校でこの春高校三年生になる長女、そして卒業した次男と、三人の子全員が、和光で育まれた。

そして私たち夫婦は、親としてどのように子どもに接すればいいのか、どのように振る舞うべきか、というようなことを、和光で教わった。小学校低学年の時は、低学年の親として、そして高学年、中学生、高校生と、その段階に応じて、様々なイベントやエピソード、時にはアクシデントを通して、示唆を受け、親も一緒に育まれた。

そして沢山の素晴らしい先生に会った。

私学の学費は軽くない。でも振り返って、和光に納めた学費は、今まで使ったお金のなかで、有意義なもののひとつであったと確信する。そして学校に深く感謝している。

 子どもについてのプライベートなことを、彼らの許可なしにここに書くのは如何なものかと思うが、次男の話をしたい。

 次男は、昨年暮れから正月明けにかけて、ある学校を受験した。

「アジア太平洋地域そしてグローバル社会のために、新たなフロンティアを創り出し変革を起こせるリーダーを育てる」ことをミッションに掲げた新設校だ。昨年秋、この学校の説明会に参加した。
素晴しい施設、素晴しい環境、そして素晴しい教師陣。そして多国籍、そして多様な文化的背景を持つ若者が集まり、共に学び合う。夢をかき立て、育む、素晴しい学校だと感じた。

一通りの説明が終わって、質疑応答の時間となった。

次男が私に目配せをして「質問してもいいのかな?」と聞いたので「勿論」と頷くと、彼は挙手してこう質問した。 

「障害者の受け入れ体制はどうなっていますか?」

 質問を受けた方も、驚かれたかも知れない。私は驚いた。
子どもならもっと他のこと、例えばプログラムのこととか、学校生活のこととか、クラブ活動とか、つまりは自分に直接関わることを聞きそうなものだ。
説明会の終了後、引き続き彼が質問したことも、勉強や学校生活の具体的なことよりも「生徒間でトラブルが起きたときはどう対処するのか?」など、主に学校での自治のことだった。
彼の興味は、自分のことだけではなく、自分と、自分を取り巻く仲間に向けられているのだな、と親として頼もしく感じた。

会場を後にして次男が「この学校も素晴しいけど、俺たちが和光でやっていることはもっと高度だと思う」と呟いた。
勿論、高度、と言いきれるのは自治活動や学ぶ力をつける教育のことだ。「どちらがどう優れているか」ではなく、自分が受けた教育を、こんな風に誇りに思い、堂々と語れるのか、と胸が熱くなった。

この春、次男は和光中学を卒業して、和光高校に進学する。

進学を前にして、3月15日に中学校の卒業式が行われた。

卒業式は第一部、第二部に分けて行われ、一部では両角憲二校長先生の式辞が述べられる。

両角校長は、弱小だった和光中バスケットボール部を都大会優勝まで導いた経験を持つ名物校長。
入学式や卒業式での式辞が素晴らしく、私はこの方こそTEDのステージに上がるべきだ、と常々感じている。

今回の式辞も、胸を打つ、この学校に通わせて本当に良かった、そう思わせる素晴しいものだった。

 次男の卒業式での式辞が公式ウェブサイトに掲載された。
私自身は式辞を直に拝聴した。次男が、なぜ学校説明会で「障害者の受け入れ体制はどうなっていますか?」と質問したのか、もっと言えばどのような教育を受けたのか、その理由と真髄を、私自身も確認した気がする。

サイトには両角校長の他の式辞、エッセイも含めて掲載されています。これから年頃の子どもを持つ親にとって、勿論そうでない人にとっても、一読の価値あり、です。

第66回和光中学校卒業式式辞

和光中・男バス15年の歩み

アクアソイル工法とは