アクアソイル工法の株式会社イケガミ

Facebookページ

久しぶりに設計施工的な仕事をさせていただきました。
もう少しで終わります。
外構植栽ですが、客土は全てアクアソイル。
平板は近所の建材屋さんで手配。

高木は落葉樹を中心に考えてましたが、諸事情あって全て常緑に変更。
せっかく準備した材料を引き上げる時には色々考えますが、施主にとって一番良いことをする、ということを軸に考えるとこれでよかったのだな、と思います。
材料選びも一からやり直しです。
でも、物事には良い面もあるもので、「見慣れた在来種でも材料の選び方と植え方で風景を作れるのではないのか」と予々考えていたことを実行に移すチャンス、と前向きに切り替え。
高木は落葉樹だけ、とは結構ハードルが高いのですが、クロガネモチ、ソヨゴ、モチノキなど、長い間庭で使われてきた在来種に、最近(とはいってもここ30年くらい)登場したハイノキ、そしてひっそりと佇んでいたドドナエアを差し色にしました。

設計というのはおこがましく、施工と言うにはあまりに職方頼みで恥ずかしい限りですが、やはり楽しいですね。

 

アクアソイル工法とは