アクアソイル工法の株式会社イケガミ

Facebookページ

2020年4月6日からの記録 6月1日

何となく含みを持たせたタイトルもそろそろ変えた方がいいのかもしれないけど、定期的に書けるようになったのでこのまま続けようかと思う。
先週末は海沿いの現場で調査だったのだが、早めに到着したので海岸を散歩。地元の人が多いみたいだ。最初に会った御仁は昭和40年代からここにお住まいだそう。街中の緑が減ったこと(昔はちょっとした雨の日なら傘をささずに出歩けたらしい)、海岸が狭くなったこと、ゴミが多くなったことを嘆いておられた。子どもらは朝6時半から砂遊び。釣りの人はキス狙いらしい。愛犬をローアングルで撮影する人、深呼吸している人、家族でそぞろ歩きの人。海岸沿いに住んで休日は朝から散歩、などという生活は一生送れそうにないけど、一時佇んでいるだけでも、気分がすっきりする。

陽が高くなってくると陰影は薄れて、ジリジリと暑さを感じるだけになる。やはり海沿いには住めないだろうな。そして私は仕事に戻る。

 

 

アクアソイル工法とは