アクアソイル工法の株式会社イケガミ

Facebookページ

高知 不思議な場所

新たな仕事の現場調査久しぶりに高知を訪れる。これまた難しそうな仕事。


雨の中納まりを考えたあと、考えをまとめようと訪れた牧野植物園。
人工地盤植栽については一定の知識を持っているつもりだけど、植物についてはからっきし。
今だに植木の名前を尋ねられると、聞こえないフリをすることあり。
こんな私でも「ああ、牧野先生」と呟けば、何とか植物の仕事をしているのだ、という魔法にかけてくれる偉人。
食事をしながらアイデアをまとめて、そのまま帰路につく。

途中、1993年竣工のトップワン四国と、1997年竣工のホテル日航高知旭ロイヤル(旧:旭ロイヤルホテル)に寄る。トップワン四国は会長が担当。旭ロイヤルは小生が担当。
長い間を経ても、そこに事例があって、ありがたい。写真は手前がトップワン四国の人工地盤植栽、奥の低層階屋上がホテル日航高知旭ロイヤル。

 

それにしても高知は不思議な場所。ここでのアクアソイルと草屋根の事例は、象徴的な仕事が多い。
もしかしかたら先祖が土佐藩に関わりがあったとか…。

否、臆病者の私に南国の猛者の血は流れていないだろうなあ。

アクアソイル工法とは