アクアソイル工法の株式会社イケガミ

Facebookページ

草屋根 フィートリッヂ・フィールズ・緑が浜(AQASOIL+R.P.)

(2018.06 最新状況)数年前水やりをしなかった年があり、そのときはかなりの面積が傷んでしまったので、その後どうなるかと心配していましたが、2018年の降雨とスタッフさんの管理が効いているようで、落ち着いています。また、竣工後6年を経過して、徐々に種が発芽する条件が整ったのか、ベースのノシバを様々な草が生え始めています。
とはいえ、一部の種類は放っておくとあっという間に全体を覆ってしまうので、除草作業は欠かせません。この日はたまたま除草作業が行われていました。緑で覆われた屋根の下では子どもたちが元気に活動しています。特殊な工法で施工したため、後々のことを心配していましたが、どうやら落ち着いてきたようです。一安心。

(施工方法他)
最大15寸程度の勾配屋根をノシバで覆いました。屋根に滑り止めの加工をせずに植栽基盤を安定させるために、ニットチューブを使用した緑化技術に草屋根工法で培ったノウハウを生かして、屋根面への加工をほぼ行わずに緑化をしました。AQASOIL+R.P.の最初の施工事例です。通気排水に課題を残しているため、施工には一定の条件があります。また土厚が薄いため、日常的な潅水も必要です。

建築設計 村山建築設計事務所/児野建築研究室
構造 木造
防水 改質アスファルト防水(ダブル)
平均土厚 80mm
平均荷重 60kg/m²
植栽工法 AQASOIL+R.P.

アクアソイル工法とは