アクアソイル工法の株式会社イケガミ

Facebookページ

潅水システムが不要で、お手入れが簡単な庭づくり造園工事

場所に適した土壌改良と植栽選定を提案致します

実現不可能に見える場所でも緑の空間に

痩せた土地、押し固められた土壌、狭いスペース、一般的には造園に適していないという印象が強い場所ですが、これらの条件は建物の屋上の環境に似ています。
屋上緑化から生まれた「アクアソイル工法」と「条件に適した植物を選定するノウハウ」を組み合わせることにより、たとえ日陰であっても植物が健全に育つ環境の庭を造ることができます。
また、土壌改良だけでなく、中長期的な見通しも含めて場所に適した植物を検証し、約200種の樹種から提案させて頂いております。

間伐材とアクアソイル工法を使った駐車場「森の駐車場」のしくみ

アクアソイル工法を使った造園工事の特徴・メリット

1植物が育ちやすい土壌へ改良

街の中の土地は押し固められた場所が多く、その表面を掘り起こしただけでは樹木が健全に育つには十分な深さに達しない場合が見られます。
固い土壌は建物のコンクリートの屋根と似ており、その上に植樹する「地上の造園工事」も屋上緑化と似た環境と言えます。
屋上緑化で培った知識やノウハウは、地上でも生かされています。

2最適な植栽選定

造園工事において、意匠面での美しさだけでなく、その場所や条件に適した植栽選定を行うことができるかが重要となります。
中長期的にみても対応できる植物を検証し、約200種の樹種から提案させて頂いております。
私たちは「継続できる」庭づくりが重要と考えています。

3荒天時も安心できる環境

植栽に適した土壌へと改良し、条件に適した植栽選定を行うことにより、樹木は健全で丈夫な根を張って成長します。
植樹から長い期間が経過しても、豪雨や強風の荒天時に倒木などの心配が少なく安心して生活することができます。

4お手入れが簡単

アクアソイル工法を用いることにより、日常的な水やりや肥料散布などのお手入れがほとんど必要ありません。
忙しい方でも簡単に健全な庭を維持することができます。

5潅水システム不要

屋上緑化で培った「必要な水を蓄えて、不必要な水を吐き出す植栽システム」ですので、地上で導入した場合も潅水システムを必要としません。
夏季でも45日程度の干ばつであれば散水不要です。

6高いコストベネフィット

通常の造園工事と大差のないコストで導入が可能な上、先述のように潅水システムやメンテナンスの費用も削減できるので、コストベネフィットの高い造園工事です。
また、水資源の有効活用が可能ですので、環境への貢献もできます。

アクアソイル工法の「造園工事」は、こんなニーズにお応えします

大小規模の造園用土壌

大小規模の造園用土壌

移植時の根回し土

移植時の根回し土

排水不良箇所の改良

排水不良箇所の改良

よくあるご質問

イケガミの造園、外構工事の特徴は?

我々の造園、外構工事の特徴は、水はけと空気の通りのよい土壌を使い、なるべく健全に植物を育てるということです。樹種は伝統的な造園樹から新樹種まで幅広く使用しますが、特に新樹種については実績のあるものを生産者に十分ヒアリングをした上で使用します。管理においては、薬剤をなるべく使用せず、自然な方法で行うことを目指しています。

設計者・技術者の方へ

価格や納期、その他の技術資料を公開しております。
下のリンク先ページよりご覧下さい。

アクアソイル工法とは