アクアソイル工法の株式会社イケガミ

Facebookページ

シンクロニシティ

地下鉄のドアが開くのを待っていたら

私の右側に地元の友人の弟

一緒の車両に乗り込み

「久しぶり!」なんてどうということのない会話を交わす

ここまではよくありそうな話

「ところで兄貴は元気?」などと尋ね

「ええ、元気でやってます」などと彼が答える

その数秒後

目の前に件の友人が現れたのだった

三人とも別の場所で

それぞれのの用事を済ませ

同じ車両に乗り込み

登場の仕方も絶妙

こんなことあるんだね、とニコニコしながら

再びどうということのない会話

ほどなく地下鉄は彼らの降りる駅に到着しドアが開く

「じゃあ、また」なんて大人みたいな挨拶したりして

彼らは降りていった

何気ない日常に

優しくて少し強めの光が差し込む瞬間

アクアソイル工法とは