アクアソイル工法の株式会社イケガミ

Facebookページ

生き物のカタチ

植木屋さんの協力を得て、来春オープン予定の複合施設の施工に向けた試験施工を行いました。
昨今の傾向で、より大きな、よりボリュームのある、そしてより個性的な植物を植栽する計画です。
ついでに言うと、より厳しい生育条件で、ということになります。

アクアソイルを使うことで、通常より厳しい条件で植栽できるとはいえ、可能な限り広い面積で、十分な土壌で植栽したい、というのが本音です。

しかし、条件が厳しい植栽にも、きっと何か意味がある、と前向きに捉えて仕事に臨むのもイケガミ流。植物もきっと、植えられた場所に適応して、それなりに育ってくれることでしょう。

ふと見上げると、電柱の上から我々を見下ろすカラス一羽。
カメラを向けた瞬間、それに反応するかのように羽ばたいていきました。

そして撮れた(撮ったではなく)写真がこれ。
何が、どうして、どうなって、このような美しい造形に進化してきたのか、想像もつかない。
我々が都市に植えた植物も、こんな風に進化していくといいなあ、と思いつつ「最近のデジカメはすごいな」とも思ったのでした。

アクアソイル工法とは